システムキッチンのワークトップ(天板)について|木津川徒然ブログ|不動産仲介手数料無料ベルジュホーム

0743-58-5601

ブログ

ブログ

  • 2020.01.21

    システムキッチンのワークトップ(天板)について

    こんばんは、営業ウーマンの辰川です。

    リフォームするや新築住宅を建てる時又は購入する時、

    システムキッチンを選ぶとき、ワークトップ(天板)は

    どれを選んだら良いか迷ってしまいますよね。

    今日はキッチンのワークトップの種類や素材についてお話したいと思います。

    天板は調理や下ごしらえなどの作業を行なう、カウンターのことです。

    特にシステムキッチンはコンロやシンクがひと続きになっていこことが多いです。

    ワークトップの種類としては、ステンレスがあります。

    昔から主流はステンレスです。

    その理由は耐水性、耐久性に優れ、毎日のお掃除がしやすく、

    コストの面でも魅力的だからです。

    ひとつだけ弱点があります。

    素材の特性上、細かい傷がつきやすいこと、又物を落とすと天板が凹む可能性があります。

    その欠点を補うために、表面に凸凹をつけたエンボス加工や、バイブレーション加工を施した商品が増えてきて

    弱点も克服してきています。

    人工(人造大理石)

    人工大理石は、色や柄を選択することができ、オシャレに見える。

    又水垢(みずあか)が目立ちにくい。

    人工(人造)大理石の欠点は熱で変色してしまうことがあり、

    液体をこぼすとシミで変色してしてしまいます。

    重たいものを落とすと天板が割れる可能性もあります。

    ホーロー製

    耐久性が優れているのが特徴です。

    値段が比較的安価でお手入れが簡単、ナチュラルな雰囲気のカウンターになじむが、

    表面が欠けたりすると、下地の金属がサビてしまうなどの点です。

    ショウルームなどで実際に見て参考にして、決めてください。

    奈良市、木津川市、精華町で新築住宅、お探しでしたら、

    気軽にご相談ください。

    一覧に戻る

pagetop

Copyright © 2019 berge home co.

お問合せはコチラ