屋根裏収納|木津川徒然ブログ|仲介手数料無料ネットならプラス

0743-58-5601

ブログ

ブログ

  • 2021.07.31

    屋根裏収納

    こんにちは。

    営業ウーマンの辰川です。

    今日は一戸建て住宅の屋根裏収納についてお話ししたいと思います。

    屋根裏収納とは、三角屋根や斜めの屋根の場合、天井との間にスペースができます。

    その空間を活かしたスペースを収納として使うのが屋根裏収納です。

     屋根裏収納は建築基準法で大きさや高さの制限があります。

    ◯ 床から天井までの高さが1.4m

    ◯ 面積が下の階の2/1未満

    ルールを守っていれば階や部屋とみなされないため、容積率や固定資産税の計算に含まれません。

    メリット

    ☆ 大容量のスペースなので、大きな物でも収納することができます。

    ☆ 部屋からは見えないので、来客時も気にならない。

    ☆ 荷物の落下の心配もありません。

    デメリット

    ☆ はしごの上り下りが面倒で、天井が低いので荷物の出し入れが大変です。

    ☆ 夏は熱く、冬は寒い。

    整理して使わないとと倉庫のようになってしまうので注意が必要ですね。

    それではまた。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆無料相談受付中!

    大阪や奈良、京都で新築一戸建て、中古戸建、中古マンション

    の購入なら安心してお任せください。

    ムダな費用を掛けず、間違いのない物件選びをお手伝いします。

    お問い合わせはこちらからどうぞ

      ↓     ↓     ↓

    https://bergehome.com/mailform/

    一覧に戻る

pagetop

Copyright © 2019 berge home co.

お問合せはコチラ