マンションの構造の特徴や種類|木津川徒然ブログ|仲介手数料無料ネットならプラス

0743-58-5601

ブログ

ブログ

  • 2021.01.13

    マンションの構造の特徴や種類

    こんにちは。

    営業ウーマン、ベルジュホーム辰川順子です。

    今日はマンションの構造の特徴や種類についてのお話しです。

    マンションには複数の構造があります。

    ◯ RC(鉄筋コンクリート)造り

      RCとは、鉄筋を組んだ型枠にコンクリートを流し込んで固めた構造体のことです。

       

      RC造りの特徴は、鉄筋は引っ張る力には強いですが、しかし熱に弱く、さびやすい、圧縮力には弱い特徴があります。

      コンクリートはアルカリ性で耐火性にすぐれ、圧縮力には強いですが引っ張る力には弱いですが、

      2つを一緒にすることで、長所を生かし、短所をカバーしあうことで、強度を高めています。

      

     ◯ S(鉄骨)造り

       S造りとは、柱や梁などに鉄骨を使用した構造体のことです。

       鉄骨造には、軽量鉄骨造と重量鉄骨造があります。

       マンションやアパート、ビルといった比較的大きな建物に用いられることが多いですが、

       工場や倉庫などにも用いられます。

     ◯ SRC(鉄骨鉄筋コンクリート)造り

      SRC造りの特徴は、鉄筋コンクリート造りの芯の部分に鉄筋を入れた構造のことで、

      RC造りの強さに、鉄骨ならではのしなやかさがくわわることで耐震性にすぐれています。

      高層マンションはSRC(鉄骨鉄筋コンクリート)造りで建てられることが多いですが、

      デメリットは、RC(鉄筋コンクリート)造りに比べて建築費高くなりやすい点があります。

     

      マンションの広告を見るときなどに参考にして下さいね。

     

     

     それではまた。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆無料相談受付中!

    奈良市、木津川市、精華町で新築建売、中古住宅の購入・売却でお悩みでしたら

    気軽にご相談ください。

    お問い合わせはこちらから

      

    一覧に戻る

pagetop

Copyright © 2019 berge home co.

お問合せはコチラ